• 海津市歴史民俗資料館

  • 南濃温泉「水晶の湯」から濃尾平野を望む

  • 年末のおちょぼさん

KAIZU

海津市

水と緑と人がきらめく輪でつながるまち海津

海津市は、2005年に海津郡内3町が合併してできた町です。岐阜県の最南端、愛知県と三重県に接する県境に位置しています。
揖斐川、長良川、木曽川の三大河川に囲まれておりますので、豊かな水を堤内へ引き込むことができる上、養老山脈で清められた水も地下水脈となって流れ込んできます。水害の脅威もものともせず、昔から緑豊かな穀倉地帯として名を馳せてきました。
広域的に俯瞰すると、30km圏域内に、名古屋市、一宮市、岐阜市、桑名市、四日市市など、複数の主要都市を網羅しております。
企業誘致に有利な条件としては、やはり東海環状自動車道(西廻り)の整備計画が挙げられるでしょう。海津SICは2026年に開通の予定で、これにより、中部経済圏はもとより、関西・北陸経済圏への交通アクセスも飛躍的に向上するものと期待されています。

交通アクセス
名神高速道路 岐阜羽島IC、大垣ICより約20分
東名阪自動車道 桑名東IC、弥冨ICより約20分

企業誘致PR動画
海津市
1
海津市

駒野工業団地

所在地
岐阜県海津市南濃町駒野・庭田
分譲価格
1,358,000,000円(予定)